So-net無料ブログ作成
検索選択

ビシエドが市民権で帰国したのにまだ?中日激怒でクビ宣告!市民権ってどのくらいかかる? [スポーツ]

ビシエドが市民権で帰国しました。
それが16日であります。1日で取得でいるのまだ帰国しません。
これはトランプのせい??(笑)
しかし中日の森監督は激怒です!!クビ宣告までしてます。

その市民権ってどのくらいかかる?どんな方法??

まとめてみました!!

ビシエドかえってきてほしい。

スポンサーリンク





ビシエドが市民権で帰国したのにまだ?中日激怒でクビ宣告!



米国の市民権取得のため一時離脱中の中日ダヤン・ビシエド外野手の再合流 がずれ込む可能性がでてきた。


連絡してないの???

21日、チームは3日ぶりに集合し、
ナゴヤドームで全体練習を行ったが、ビシエドは不在であります。

来日予定は明かされず、23日からの巨人戦(東京ドーム)も微妙になってきた。

ビシエドは16日に米国に出発。
同日からの西武戦3試合は欠場した。
当初は交流戦明けの巨人戦から合流できる見通しだったのに。

手続きの日程も決まっており、西山球団代表も「そんなに時間は掛からない」と話していた。そのために出場選手登録を外さずにいたが…。

スポンサーリンク





今期のビシエドの成績
4月は不振で打順降格したが、5月からは全試合に4番に座っていた。同月の月間MVPに輝き、チームを押し上げた。打率2割4分6厘、13本塁打、38打点の成績を残している。


森監督激怒!!

森監督は「(2度と)帰ってこないよ。クビだよ」とケムに巻いた。

東京ドームは開幕3連敗を喫した因縁の地。
巨人にリベンジして、リーグ戦再開を幸先よく滑り出したいところ。吉報を祈るばかりだ

ビシエドが市民権で帰国した理由は市民権!!どんな方法?どのくらいかかる?



まずこれが大事です。

市民権を申請する資格として、

まず、
永住権取得後4年9カ月が経過(米国市民と結婚した場合は2年9カ月)している必要があります。

また、

申請前の過去5年間に、合計してその半分以上は米国に滞在していなければなりません。

米国市民と結婚している場合は、2年半ですが、市民権取得の時まで婚姻を維持している必要があります。

また、
この期間中は、米国に継続的に居住する必要があり、長期間不在にすると、取得できない場合があります。
 
①連続して6カ月未満の不在の場合

米国に継続的に居住しているとみなされます。

 ②連続して6カ月以上1年未満の不在の場合
米国における継続的な居住を放棄したとみなされ、市民権の取得に影響を及ぼす可能性があります。申請者が米国における継続的な居住を放棄していないという客観的な証拠を提出することにより、申請が認められる余地があります。この立証責任は、申請者にあり
ます。特に最近、審査が非常に厳しくなり、このケースの場合、ほとんど認められていないのが現状です。
 
③連続して1年以上不在の場合
市民権を申請する条件としての継続的な米国での居住条件を満たさないとみなされます

次のがビシエドも当てはまった。
だから市民権を取りにいかないと。。。

長期国外滞在の場合にはPreserve Residence の申請を

注意していただきたいのは、「Reentry Permit」は、あくまでグリーンカードを失わないためのものであり、米国市民になる権利を保持するためのものではないということであります。

米国市民になる権利を保持するには、出国前に「Preserve Residence」の申請書を移民局に提出しておく必要があります。この申請を出国前に行っていれば、海外に居住している期間中も、米国に滞在しているのと同様に換算されます。
 
ただし、

Preserve Residenceの申請を行っても、連続6カ月以上の海外滞在は免除されても、過去5年間の合計でその半分以上、米国に滞在していなければならないという条件は免除されません。もしPreserve Residenceの申請も行っていれば、日本での滞在期間は2年ですので、今すぐに市民権取得の申請ができます。
 
仮にPreserve Residenceの申請を行っていなかったとしても、2年間のうちに、たとえ1日でもアメリカに戻り、“連続して”半年以上アメリカを離れていなければ、やはりすぐに市民権の申請が可能です。しかし、Preserve Residenceの申請を行わず、アメリカを連続して半年以上離れていた期間があった場合には、すぐに市民権の申請を行うことはできせん。アメリカに戻った日から数えて、4年半待つ必要があります。
 
米国市民権申請のための条件を満たしている場合、「N-400」という申請書類に写真(2枚)、パスポート、グリーンカード(表裏)のコピーに、申請料680ドルを添え、申請を行うことができます。申請後、約6週間で指紋登録の通知が来ます。ここで過去において犯罪歴がないかどうかの確認がされます。
 
次に、約2~3カ月でインタビューになります。ここでは、前述のアメリカ滞在期間の確認がなされると共に、アメリカ政治や歴史に関するテストを受けることになります。このテストは、口頭と筆記のどちらかで行われ、通常6割以上正解すると合格です。出題される問題は、ほとんど決まっていますので、事前に勉強しておかれることをおすすめします。
 
移民局のサイトにある例題100問に加え、アメリカの大統領、副大統領、カリフォルニア州知事、カリフォルニア州出身の連邦上院議員2人の名前がよく聞かれます。また、「日本とアメリカが戦争した場合、どちらを守るか?」といった興味深い問題が出題されることもあります。
 
このインタビューでは、50歳以上で、グリーンカード取得後20 年以上になる場合、あるいは、55歳以上で、グリーンカード取得後15年以上になる人の場合、通訳を連れて行くこともできます。
 
最後に、インタビュー後、約2~3カ月で宣誓式になります。宣誓式当日に米国市民になった証明として「Naturalization Certificate」を受け取ることになります。
スポンサーリンク