So-net無料ブログ作成
検索選択

電車やバスで男児がはねられる事件多発!今回は巻き添え!それが自殺だったときは賠償金はいくら? [ニュース]

電車やバスで男児がはねられる事件多発しています!
今回は巻き添えでありました。
それが自殺だったときは賠償金はいくら?

もし電車で自殺によって他人をケガさせてしまったらどうなるのか??
今回の人身事故で男児がけがをしてしまいました。そして骨折をしてしまった。
その費用はだれが??
けっしてやってはいけないことです!!

スポンサーリンク





電車やバスで男児がはねられる事件多発!今回は巻き添えだった!



まず電車の件!

大阪府のJR吹田駅で男性がホームから飛び込み 電車に跳ね飛ばされて死亡しました。 その際、ホームにいた40代の男性と3歳の男の子が巻き添えとなり、足を骨折する重傷であります。

22日正午前、JR東海道線の吹田駅で清掃員から
「男性が電車に飛び込んだ。飛び込んだ人と、別の人がぶつかった」
と消防に通報がありました。



飛び込んだのは
神戸市に住む30代の男性とみられ、病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。

また、電車に跳ね飛ばされた男性はホーム上にいた人に接触していることがわかりました。

めっちゃ怖いやん。。
飛んでくる人とか・・・

巻き添えとなった40代の男性は右足を骨折する重傷です。
また、男性は3歳の男の子と一緒でしたが男の子も足を骨折しているということです。

警察は、飛び込んだ神戸市の男性が自殺を図ったとみて調べています。



バスの件

22日午後6時過ぎ、東京・杉並区で9歳の男子児童が路線バスにはねられ、けがをしました。

午後6時10分ごろ、杉並区久我山で9歳の男子児童が路線バスにはねられました。

男子児童は一時、バスの下敷きになったということですが
通行人などによって救出されました。

男子児童は左腕の骨を折る重傷とみられ、病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。

現場は京王井の頭線・久我山駅すぐ近くの片側1車線の都道です。警視庁が事故の原因を詳しく調べています。





電車やバスで男児がはねられる事件多発しています。それが自殺だったときは賠償金はいくら?



スポンサーリンク




賠償金いくら??

自殺によって人に迷惑をかけると言われたときに
一番思いつきやすいのは電車への飛び込み自殺かもしれません。
この場合、
鉄道会社や乗客から損害賠償請求を受けるおそれがあります。
電車に飛び込み自殺をすると、電車が緊急停止されます。
すると、電鉄会社はバスやタクシーなどで振替輸送を行ったり乗客への切符や特急料金などの払い戻しなどをしたりしなければいけません。

余計な人件費もかさみますし、車体や線路が傷んだらその修理費用なども必要です。

これらの損害賠償金額を合計すると、数千万円以上になることも珍しくありません。

また、
乗客も、電車の遅延によって損害を受ける可能性があり 緊急停止によって怪我をした場合には、その治療費や休業損害、慰謝料も発生します。 後遺障害が残ったら、後遺障害慰謝料などが発生するのでさらに

家族が自殺をして他人に損害を与えてしまった場合
その損害賠償義務は相続の対象になるのでしょうか?

借金などの債務も相続の対象になりますが
損害賠償債務は
本人の一身専属的なものだとして相続の対象にならないのではないかとも思えます。

しかし、
損害賠償債務は、基本的に相続の対象になりますので、本人が自殺によって他人に損害を与えた場合、その債務は相続人に相続されてしまいます。

自殺して他人に損害を与えた瞬間に損害賠償債務が発生しているので
本人が死亡することによってその債務が相続されてしまうという考え方です。

たとえば、本人が電車に飛び込んで電鉄会社に数千万円もの損害を与えた場合や、自爆によって周囲の人を巻き込み総額で数億円もの損害を与えた場合、基本的にこれらの債務が相続人に相続されてしまうので、放っておくと大変なことになります。

今回の電車はこれとどうようなことがあります。 骨折で入院してしまった場合は 入院費と通院費などたくさんかかってしまう。

もし相続しないといけなかったら

相続放棄する場合には、期限があることに注意が必要です。

法律では「自分のために相続があったことを知ってから3ヶ月」以内に相続放棄をしなければならないとされています。

この3ヶ月間のことを、「熟慮期間」と言いますが、熟慮期間の計算のため、
自分のために相続があったとき」とはいつの時点かが問題になります。

ここで、
自分のために相続があったときというのは、基本的には被相続人の死亡を知ったときです。
ただ、被相続人に債務があることを知らない限り、通常は相続放棄しようという動機が起こりません。
そこで、相続放棄の熟慮期間は、
被相続人の死亡及び被相続人に債務があったことを知ったときのことを言うと考えられています。
そこで、
本人が自殺した場合、本人が自殺したことと、損害賠償債務を負っていることを知ったときから相続放棄の熟慮期間3ヶ月が計算されることになります。 スポンサーリンク