So-net無料ブログ作成
検索選択

西村昭五郎監督が死去!原因は肺炎であった!作品公開! [芸能]

西村昭五郎監督が死去しました。
その原因と一体???それは肺炎でありました。
年齢は87歳で死去しました。
お悔やみを申し上げます。
西村昭五郎監督の作品をまとめてみました。

スポンサーリンク




西村昭五郎監督が死去!原因は肺炎であった!年齢は87歳!



西村昭五郎氏 87歳(にしむら・しょうごろう=映画監督)1日、肺炎で死去。

葬儀は親族で済ませた。

西村昭五郎監督経歴を公開!

滋賀県出身。1954年、京都大学文学部仏文科を卒業後、従兄の吉村公三郎監督の紹介で、映画製作を再開するんです。

監督の下で助監督を務めたのち、1963年の『競輪上人行状記』で監督デビューしました。

しかし

末期の日活アクションや青春映画の演出に携わるが、ヒット作に恵まれなかったらしい。

1960年代終盤からは『大江戸捜査網』などのテレビ路線の演出に回されたそうです。

ようやく

1971年、日活は成人映画への路線転向を決めました。

西村は日活ロマンポルノ最初の作品となった『団地妻 昼下りの情事』(白川和子主演)を演出します。

以来

ロマンポルノ末期まで、「団地妻」シリーズや団鬼六原作ものなど、長きにわたって数多くの作品を世に送り出すのです。

性描写に拘った演出手法で、メガホンをとったロマンポルノ作品は84作品を数え、1人の監督としては最多記録であります。

すごいですね!!!
名監督であったそうです

1988年にロマンポルノ路線が打ち切られて以降は、テレビの2時間ドラマを中心に活躍した。

その後、

滋賀県の老人ホームで悠々自適の生活を送っていたが、2017年8月1日、肺炎のため逝去。87歳没。

スポンサーリンク




西村昭五郎監督が死去!映画作品を公開!





希望ヶ丘夫婦戦争

残酷おんな情死

青春の海

団地妻 昼下りの情事

東京市街戦

涙くんさよなら
難波金融伝・ミナミの帝王

肉体の門 (1977年の映画)

花と蛇

やくざ番外地

まとめ

西村昭五郎監督が死去しました。
その原因は肺炎でありました。
年齢は87歳で死去しました。
84作品は最高記録!

スポンサーリンク




コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。