So-net無料ブログ作成

ガトリン 陸上選手がドーピング!ロンドン世界陸上で優勝!ブーイングの嵐が! [芸能]

ガトリン 陸上選手がドーピングをしていた。
ロンドン世界陸上で優勝!
世界陸上で優勝したのにも関わらずブーイングの嵐を起こった。
やはりボルトが主役だったのが明らかになりましたね。。

スポンサーリンク




ガトリン 陸上選手がドーピング!2001年と2006年に陽性反応が!




ガトリンは、2006年に100m走の世界記録タイ・9秒77を叩き出し、時代を代表するスプリンターとして活躍していくと思われましたが、2001年2006年のドーピング検査で陽性反応が出て、記録剥奪、最長8年間の出場停止処分が科せられました。

その後、処分は4年間に減免され、2010年からは大会に復帰。

ガトリンは処分中もトレーニングを欠かさなかったことから、全盛期のような走りを見せ、自己ベスト記録の9秒74を打ち出していた。

スポンサーリンク




ガトリン 陸上選手がドーピングを乗り越えロンドン世界陸上で優勝!






ガトリンは9秒92で、世界選手権の同種目では12年ぶりの優勝を果たした。クリスチャン・コールマン(米国)が9秒94で2位。

ボルトは苦手のスタートに失敗し、9秒95。主要大会で3位に終わったのは初めてでありました。 レース結果が画面に表示された直後、観客は過去に2回ドーピング違反で処分を受けたことのあるガトリンにブーイングを浴びせました。

誰が勝者か分からないほど、ゴール後には混沌が待っていたのであります。





ガトリンも思わなかっただろう。泣

ボルト、コールマン、ガトリンによる大接戦で終結しました。

かつてドーピングによる出場停止のあったガトリンの優勝が表示されると、観客は大ブーイング。そして自然と「ウサイン・ボルト」の大コールが巻き起こりました。

ガトリンは「ブーイングは予選ラウンドから続いていたが、やるべきことをやった」とコメントを寄せました。

ボルトについては「彼に感化されたから今の私がある」とし、「トラック上ではライバルだが、ウォームダウンのときは冗談を言い合って楽しんでいます。

ボルトは真っ先に私を祝福し、ブーイングのことは気にするなと言ってくれた」と明かした。

サニブラウン・ハキーム、ケンブリッジ飛鳥、多田修平は準決勝で敗退。同種目での日本勢初の決勝進出はなりませんでした。。
スポンサーリンク





コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。