So-net無料ブログ作成

笑福亭仁鶴 病気はパーキンソン病!年齢が原因?嫁が亡くなった [芸能]

笑福亭仁鶴病気はパーキンソン病疑い??脳が揺れている??
それは年齢が原因なのかもしれないと考えられている。パーキンソン病について調べてみました。
そして嫁(岡本隆子)が亡くなったろ朗報が。。。
お悔やみ申し上げます。。

スポンサーリンク





笑福亭仁鶴 病気はパーキンソン病!年齢が原因?



笑福亭仁鶴 パーキンソン病という病気かもしれないと
うわさが立っています。

本当にそうなのか??

ブログにこんな記事が。

私の臨床経験上、大脳の尾状核と腎臓と肝臓の冷えが強くなると発症します。
大臣は大脳の尾状核と腎臓が冷えセンサーでマイナス10、肝臓がマイナス12でした。
あとテレビで気になるのは、笑福亭仁鶴さんです。同じく顔が揺れてます。土曜日の昼過ぎにNHKのテレビに出てます。時間がとれる方はみてください。


パーキンソン病は、脳の異常のために、体の動きに障害があらわれる病気です。
脳は、大脳、小脳、脳幹(のうかん)に大別されます。
パーキンソン病では、
脳幹に属する中脳の「黒質(こくしつ)」という部分と、大脳の大脳基底核(だいのうきていかく)にある「線条体(せんじょうたい)」という部分に異常が起こっていることが明らかにされているのです!!

脳の病気はまだまだ
明らかになっていないことの方が多いです。
スポンサーリンク





パーキンソン病の症状は?

パーキンソン病の主な初期症状には、

「ふるえ」「固縮」「無動」「姿勢障害」の4つが知られています。

ふるえは、「静止時振戦(せいしじしんせん)」といわれ
じっとしている時に手や足にふるえが現れることが特徴だといわれています。

例えば、
手を膝に置き、じっと座っていると膝の上の手がふるえだします。
手を膝から離して何かをしようとするとふるえは消えます。

年齢も原因になっていくのは当り前です
今、80歳であるので
免疫も落ちていくのは仕方ない。



そしてバラエティー生活笑百科を欠席している


27日放送のNHK『バラエティー生活笑百科』を欠席した。
仁鶴が1986年から相談室長を務めて以来
32年目で初めての欠席となったという。


欠席理由は体調不良のためであるといっている。。
サイトの次週予告にも仁鶴の名はなく、
2週続けて欠席の見込みとなっている。

笑福亭仁鶴の嫁が亡くなる!

落語家の笑福亭仁鶴(80)の妻・岡本隆子さんが死去したと、よしもとクリエイティブ・エージェンシーが5日、発表した。72歳だった。
 報道各社へのファクスによると、隆子さんが亡くなったのは2日午後7時30分。大阪府内の病院で息を引き取ったとしている。

 通夜は3日、葬儀告別式は4日に大阪市内で、密葬で執り行われたと発表された。



 隆子さんは芸人として、吉本新喜劇の座員やタレントとして活躍。「たか子姫」の愛称で親しまれた。近年では13年に夫の仁鶴との日々をつづったエッセー「そこのけそこのけ仁鶴の女房が通る」を発売するなどしていた。

スポンサーリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0