So-net無料ブログ作成
検索選択

小林麻央 退院決意は最期は在宅を決意!現在も高熱が続く終末期医療 [芸能]

小林麻央さんの退院決意の理由は最期は在宅で過ごしたいから選んだ。
小林麻央さんの現在はまた高熱が続いている。
終末期医療を苦しんでいる。
退院前にも高熱が続いていることが分かっています。
これは薬の抗生物質の影響ではないかと思う。

スポンサーリンク





小林麻央さん 退院決意は最期は在宅を決意?



小林麻央さんが20日、ブログを更新し、
乳がんを告知された日の様子を告白しています。

癌だと分かった瞬間の心境

医師の表情で「陽性だったんだな、癌なんだな」と分かりました。

現在は肺や骨などにも転移があることも明かしました。

そして今はリンパや顎にも

小林麻央さんは、前回のブログで生検を受けた直後
医師から95%がんであると言われたものの
「結果を見たら残り5%だったということもあるはず」と
希望を持ち続けていた心境をつづっていた。

だが、
やはり待っている時間は辛かったようで
「生検の検査を聞くまでの10日間は、ひとりだけ違う時間軸に生きて、ゆっくりゆっくり皆とは違う 暗闇に置いていかれるような感覚だった」とした。

 告知日は
診察室に入った医師の表情で
「陽性だったんだな、癌なんだ」と察知したといい
「心の準備は意外とできており、冷静に先生のお話を伺った」と振り返った。
小林麻央さんの実母も乳がんを患っていたことも告白した上で
「治療に関する知識はある程度あった」と、ある程度冷静に“告知”を受け止めたようだ。

 更にブログでは
「この時点では 脇のリンパ節のみだった(その後、現在肺は骨などに転移あり)」
とつづられ
現在は肺、骨に転移があることも触れている。



小林麻央さん退院して身を固める



退院致しました。 皆様、たくさん祈ってくださり、ありがとうございました」と、感謝の言葉とともに人参ジュースを手にした写真を掲載した。4月22日に再入院していた彼女は、「一ヶ月ぶりの我が家の香り。」「やはり我が家は最高の場所です。」と自宅に戻った喜びを綴った。

夫の市川海老蔵もブログで妻の退院を報告。
30日に朝食を食べる長男・勸玄くんの写真とともに「もう、2人の顔が違う… ママ嬉しいよね 涙。」と彼女の退院を喜ぶ家族の様子をコメントしている。

スポンサーリンク





小林麻央さん 現在も高熱が続く終末期医療



終末期医療とは?
重い病気の末期で不治と判断されたとき、治療よりも患者の心身の苦痛を和らげ、穏やかに日々を過ごせるように配慮する療養法。

一旦考えてみよう。

終末期医療の現状を。。



小林麻央さんの心境を語っている。

小林麻央さんが4日深夜にブログを更新し
高熱と痛みで在宅医療の大変さを痛感したことをつぶやく。
支えてくれる家族に「どうなったって生きるしかないので、本当に、ごめんね、ありがとう」という思いを伝えた。

4月22日に再入院した小林麻央さんは5月29日に退院し、その後は在宅医療に切り替え、自宅で点滴などの治療を受けている。

5日午前0時前に「不安」と題してブログを更新した小林麻央さん。「今日は、39.4度の熱から始まり、一日中、痛みとおさまりどころのない苦しさでした。今は、少し落ちついています」と高熱と痛みに苦しんでいたことを明かし、「在宅医療の大変さについても考えさせられました…」と明かした。

この日は高熱で大量の汗をかき、朝から、6回の着替えをしたという。

5歳(長女)と4歳(長男)の幼い子供たちの育児と同時に、
小林麻央さんの看護をするという
「家族の大変さ、主人にはそこに仕事があるので、なおさらです」と心苦しい思いを吐露。
「家族は皆、『大丈夫だよ』と笑顔でいてくれますが、これからどうなっていくのか不安はつのります。どうなったって生きるしかないので、本当に、ごめんね、ありがとう、です」と切々と
スポンサーリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0