So-net無料ブログ作成

お寺婚活 東京で開催!話題殺到 男女に人気の理由とは? [生活]

こんにちは。今回のテーマはお寺婚活 東京で開催!話題殺到 男女に人気の理由とは?
お寺婚活が話題になっています! 東京などで開催している!お寺婚活とは?
なぜ男女に人気なのか?その理由を公開!!
スポンサーリンク





お寺婚活 東京で開催!



場所は
東京にある臨済宗妙心寺派のあるお寺。

2015年の夏、ここに1000人を超える男女が押し寄せ、
たちまち2時間待ちの列ができた。

当時、
ここまでの反響を予想していなかったスタッフたちは、
うれしい悲鳴を上げたている。

なぜこんなに集まるのか?




不思議で仕方ない!



 当日行われていたのは、婚活イベントの会員になるための登録会。

 お寺婚活を運営するのは、「吉縁会」。

 臨済宗妙心寺派のお寺の僧侶たちによって構成される組織だ。

 静岡の本部に加え、東京、名古屋、岐阜、大分に支部を持ち、

 それぞれの地域にあるお寺で年4~5回婚活会が開かれる。

 2010年に発足し、今年で7年目。

 総計120組のカップルから結婚の報告を受けた。
 成婚を報告する義務はないため、実際はもっと多いかもしれない。


スポンサーリンク






お寺婚活の男女に人気の理由とは?



参加条件
 お寺婚活の参加できるのは、25歳から49歳までの男女(会員登録の上限は45歳)。

イベントを1回開くと、平均で6組が成婚する。

この好実績がうわさがうわさに
次々口コミで

急上昇!!!

相当多いのではないかと思う

なんと
参加者が
9000人


おおおおおお

当選倍率は最高で9.5倍まで膨れ上がった。

定員が200人のところ、1900人からの応募が殺到した格好だ。

. こんにちは[晴れ] シンデレラマンです[指輪] . 昨日、私たちがプロデュースをさせていただいた お客様が無事に結婚式を終えました[黒ハート] お天気もとてもよく結婚式日和〓[黒ハート] 半年以上の月日をかけて一緒につくりあげた披露宴は? 終始感動でとても素敵なお式でした[わーい(嬉しい顔)][揺れるハート] 本当におめでとうございました[黒ハート] そしてありがとうございました〓[黒ハート] 末永くお幸せになってください[ほっとした顔][黒ハート] . 夜は...フレンチキスにてお見合い、コンパでした?[ぴかぴか(新しい)] . 昨日は6対6のコンパと 1対1のお見合いがありました?[\(^o^)/] . 最初は緊張気味でしたが お酒が入るとすぐにカップルが誕生しそうなくらい 皆さま仲良く楽しい会になっていました?? このご縁が皆さまの幸せに繋がりますように...[ほっとした顔][黒ハート] . #シンデレラマン#CinderellaMan #結婚式#トータルビューティサロン #出逢いの場#コンパ#お見合い #恋活#婚活#結婚相談所 #フレンチキスで#FrenchKiss#

CinderellaManさん(@french_kiss_0911)がシェアした投稿 -




■莫大なおカネがかかる、婚活ビジネスに疑問

 吉縁会の発起人で、
 事務局長を務めるのは、
 静岡県浜松市にある龍雲寺(りょううんじ)の副住職、木宮行志さんだ。なぜお寺での婚活イベントを始めようと思ったのだろうか。

 きっかけは、

 結婚相談所に登録した友人の話に違和感を覚えたことだった。
 「友人の話を聞くと、結婚相談所ではとにかくおカネがかかる。入会金だけで何十万円、1回相手に会うごとに相談所におカネを支払い、めでたく成婚してもやっぱりおカネを払う。合わせると、莫大な金額になります。多少の経費がかかるのは仕方ないとしても、人と出会って結婚するためにこんなにおカネがかかるというのは、不自然だと思ったんですね。それで、自分たちのお寺で費用のかからない縁結びができないかと考えたのです」。

お寺婚活で支払う金額は?

 吉縁会では入会費・年会費・成婚料などを支払う必要はいっさいない。
 かかるのは、当日かかった経費3000円程度。
 もちろん、お坊さんも無給だ。

 出会いにしては安い気がする。
 今の時代、出会いがないという人が激増する中この値段ならと
 思う人は多いかと!!

 もともとお寺という場所は、縁を結ぶ場所でもある。

 婚活をサポートしても、おかしくはないはずだ。

 吉縁会の婚活イベントがビジネスでないなら、参加者も“お客さま”ではない。

 そのため、ある程度主体的に動かなくてはならない。

 まず、吉縁会の会員になるには、
 お寺で開かれる年に2回の登録会に本人が出向く必要がある。

 意味なく面倒を強いているわけではない。
 「わざわざお寺まで出向く」
 「時間どおりに登録会に行く」
 「登録に必要なものを用意する」など、
あえてハードルを設けることで、本気で参加したい人に登録をしてもらう、という目的がある。

 この方法はすごいですね

 初回開催時はそのルールを設けなかったため、申込者のほとんどは独身の子どもをもつ親だった。当日、だまされて連れてこられた部屋着姿の子どもが、親とお寺の駐車場でもめる、という驚きの光景も目の当たりにした。そんな失敗を経て今のルールが出来上がったのだ

スポンサーリンク




では、また!!
忙しい中読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0