So-net無料ブログ作成
検索選択

「マツコ&有吉の怒り新党」最後に違和感が。。。。視聴率は11% [芸能]

29日深夜に最終回が放送された「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)について、視聴者からブーイングが上がっている。


sgf01a201409181500.jpg

 なぜに?
 スタジオの有吉弘行(42)とマツコ・デラックス(44)、アシスタントの青山愛アナ(28=テレ朝)がこれまでに放送した特集を振り返る内容で、青山アナが涙ぐんだ場面も話題に。

 だが放送終了後、ネット上に多数上がったのは、青山アナの前任者・夏目三久アナ(32)について、「存在そのものが消されていた」といぶかる声だった。

 夏目アナは2011年4月の放送開始からアシスタントを担当。5年後の16年3月に退任した際には卒業を悲しむ声が相次いだ。当然、最終回では夏目アナについて触れることを期待する視聴者も多かったが、フタを開けると夏目アナ時代のVTRは一切流れず、3人が夏目アナの名前を口にすることさえなかった。

 
 そのため、掲示板などには<夏目の「な」も出なかった><最終回ですら夏目には一切触れないの?>などと疑問の声が続出。
  
 結構な人が感じたのではないだろうか。。。。
 
  終了の間際、青山アナが「6年間ありがとうございました」と感謝の言葉を述べたが、<締めのひと言は夏目ちゃんから聞きたかった>とのコメントも上がった。

 夏目アナをめぐっては、昨年8月に有吉との熱愛&妊娠報道がお茶の間を騒がせた。双方が否定したことに加え、スクープ報道も撤回されたが、その真相をめぐってはさまざまな憶測を呼んだいきさつがある。

 5年間もアシスタントを務め、番組の功労者ともいえる夏目アナの存在を“完全スルー”した今回のラストには、<やはり芸能界は闇が深い>といった指摘も少なくない。視聴者も怒り心頭のようだ。

 本当に言っちゃいけないかんがありましたね。。。

 視聴率はどんなもんか??

 29日に放送されたテレビ朝日系「マツコ&有吉の怒り新党」(水曜・後11時15分)最終回の平均視聴率が11・0%だったことが30日分かった。  タレントの有吉弘行(42)とマツコ・デラックス(44)をMCに2011年にスタートした同番組も、この日で最終回だった。6年間で23万8037件の怒りメールが届き、1208件を番組で取り上げたと同局の青山愛アナ(28)が紹介すると、有吉は「始めた当初より、世間が怒っている」と変化を口に。マツコも「もう怒れない。千代の富士のように“体力の限界”みたいに“イライラの限界”」と話せば、有吉は「怒っている人を見ると恥ずかしい」と同調した。

 
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。