So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

宮原知子 グランプリファイナル 結果は(動画付き)???混戦模様!! [スポーツ]

宮原知子 グランプリファイナル 結果はどうなったのか???混戦模様であった今回の大会!!
動画を交えて公開!!

スポンサーリンク





宮原知子

宮原 知子(みやはら さとこ、英語: Satoko MIYAHARA[1], 1998年3月26日 )
日本の女性フィギュアスケート選手(女子シングル)
京都府京都市中京区在住
左利き。
血液型はB型。

主な実績に、2015年世界選手権2位、全日本フィギュアスケート選手権優勝3回(2014年、2015年、2016年)、2014年、2015年四大陸選手権2位、2015年、2016年グランプリファイナル2位、2016年四大陸選手権優勝など。

スポンサーリンク




グランプリ・ファイナル最終日(9日、名古屋市ガイシプラザ)女子は、2年連続銀メダルでショートプログラム(SP)3位の宮原知子(さとこ、19)=関大=がフリーで138・88点の4位に沈み、合計213・49点の5位に終わった。
SP5位の樋口新葉(わかば、16)=東京・日本橋女学館高=は128・85点で合計202・11点の6位。日本勢は3大会ぶりに表彰台を逃した。
初出場のアリーナ・ザギトワ(15)=ロシア=がフリー1位の147・03点をマークし合計223・30点で逆転優勝した。




Satoko is 5th place[指輪] TES 67.00 PCS 71.88 FS 138.88 Total 213.49 5th place I always love her skating[ほっとした顔][黒ハート] #satokomiyahara #宮原知子 #figureskating #GPF2017

Satoko Miyahara Fanpageさん(@satokomiyahara_fans)がシェアした投稿 -




 得点が表示されると、宮原は悔しがった。ジャンプでミスし、海外勢の猛追もあってSP3位から5位に。GPファイナルで3年連続の表彰台に届かなかった。

 「残念。前半は緊張してしまった。悔しいけれど、これが現実です」
冒頭の3回転の連続ジャンプ。踏み切りで力み、狂いが生じた。
続く3回転フリップでも回転不足をとられた。
表現力を示す5項目の構成点で3つの9点台を記録したが、左脚に張りがあり思い切りの良さが消えた。

それでも「計画以上に進んでいる」と胸を張る。左股関節疲労骨折から復帰し1カ月間で3試合を消化。スケートアメリカでは優勝し自信を取り戻した。
今大会はエフゲニア・メドベージェワ(18)=ロシア=の欠場で補欠から繰り上がり出場。浜田美栄コーチ(58)は「試合勘が戻ってきた」と評した。

だが

平昌五輪出場の2枠争いは混沌としている。優勝すれば五輪出場が決まる全日本選手権(21日開幕、東京)では樋口や三原舞依(18)=シスメックス、本田真凜(16)=大阪・関大高=らと激突する。
宮原は実績十分だが、優勝や表彰台を逃せば五輪切符を奪われる可能性がある。
「全日本で優勝して平昌五輪を決めたい」と気合を込める。

 「重点的にジャンプを練習したい。もう一度、考え直せるいい機会をもらった」。運命が決まる全日本で巻き返す。

スポンサーリンク




コメント(0) 
前の1件 | -